池袋 自己破産

池袋(豊島区)で自己破産を弁護士に相談するなら池袋東口法律事務所

TEL. 03-5957-3650

〒170-0013 東京都豊島区東池袋1丁目47番1号
庚申ビルディング601

自己破産による債務整理

借金相談・債務整理トップ > 破産(自己破産) > 破産の条件 支払不能とは?

自己破産 よくある質問(弁護士によるQ&A)

東京池袋の自己破産の経験豊富な弁護士が質問にお答えします。無料相談のときにもなんでもお尋ね下さい。

Q.借金がいくら位あると自己破産になるのですか?

A.自己破産をするためには,簡単に言うと,支払い時期がきている借金の支払いができないことが必要です。もう少し細かくいうと,借金の支払い時期がきているのに支払いにあてる財産がなく,収入をあてても足りないという状態であることが必要です(これを法律では「支払不能」といいます。)。

 支払不能といえるかどうかは,借金の金額と資産の有無,収入の金額などを総合的に考えて,支払えるかどうかを判断します。ですから,借金がいくらだと破産できるかという決まりはありません。例えば,生活保護を受けている人は,例え数十万円の借金しかなくても,収入はなく特に資産もないでしょうから支払いようがなく,支払不能といえ,自己破産ができることになります。
(余談ですが,生活保護を受給している方は破産の費用は国が出してくれます。お金がなくともご相談下さい。)。

 当職の経験では,一般の会社員の方ですと,その方の収入などにもよりますが,借金の総額が300万円〜400万円を超えてくると,自力での返済は(不可能ではないにせよ)困難であり,自己破産を選ぶケースが多くなってきます。専業主婦の方ですと,年金などを除けば自身の収入はないわけですから,借金の総額が100万円程度でも自己破産をすることがあります(ご主人の収入から任意整理をすることもあります。ご夫婦の状況次第ですね。)。

 支払ができるので任意整理をするか支払ができないので自己破産をするかは,実際には微妙なところがあります。頑張れば任意整理もできるが,自己破産することもできる,というようなケースがよくあります。そういうとき,池袋東口法律事務所では,ご本人の希望を尊重しながら,任意整理だとこうなり,自己破産だとこうなるから,どちらを選ぶのがよいのかというお話をさせて頂いています。お気軽に東京池袋の弁護士にご相談下さい

弁護士 笹浪 靖史

自己破産のページへ戻る


池袋 債務整理 無料相談

対応地域

池袋東口法律事務所

〒170-0013
東京都豊島区東池袋1丁目47番1号
庚申ビルディング601

TEL 03-5957-3650
FAX 03-5957-3653
[受付時間] 平日9:30-20:00
      土 9:30-17:00
      メール常時受付