池袋 自己破産

池袋(豊島区)で自己破産を弁護士に相談するなら池袋東口法律事務所

TEL. 03-5957-3650

〒170-0013 東京都豊島区東池袋1丁目47番1号
庚申ビルディング601

自己破産による債務整理

借金相談・債務整理トップ > 破産(自己破産) > 自己破産で免責不許可事由があっても免責された例を教えて下さい。

自己破産 よくある質問(弁護士によるQ&A)

東京池袋の自己破産の経験豊富な弁護士が質問にお答えします。無料相談のときにもなんでもお尋ね下さい。

Q.自己破産で免責不許可事由があっても免責された例を教えて下さい。

A.浪費などの免責不許可事由があっても,それが大き過ぎるものでなかったり,弁護士に債務整理を依頼後にも繰り返したりしていなければ,当職の経験では,東京地裁では免責される(借金の返済義務がなくなる)のが通常です。

 以下は,平成27年以降に池袋東口法律事務所で自己破産申立をしたうちで免責不許可事由があった事案の一部ですが,中には比較的大きな免責不許可事由があった例もありました。

・負債総額約950万円,競馬で約900万円の馬券購入をした事案
・負債総額約2000万円,キャバクラ等の飲食店で約1200万円の浪費をした事案
・負債総額約1050万円,競馬,競艇,パチンコ等のギャンブルに1850万円の支出をした事案
・負債総額約880万円,飲食店で約350万円の浪費をした事案
・負債総額約800万円,飲食店で約400万円の浪費をした事案
・負債総額約1600万円,FXの損失と買物等で約1100万円を費消した事案
・負債総額約600万円,旅行や買物等で約300万円の浪費をした事案
・負債総額約1300万円,飲食,楽器購入,旅行,風俗で約600万円を費消した事案(2回目の破産)
・負債総額約600万円,フィリピンパブ等の飲食や競艇に約680万の支出をした事案

・負債総額約600万円,FXで約500万円の損失を出した事案

 いずれも,管財事件となりましたが,依頼者の方のご協力と,当職の最大限の努力で,破産管財人にも裁量免責相当の意見を頂き,結果的に免責となっています。

 ただし,こうした免責不許可事由のあるケースでは,漫然と破産申立をすることは禁物です。まず,依頼者の方が,積極的に自己破産手続に協力し,生活を立て直したいと真摯に考えることが不可欠です。そうして,自己破産申立の前に申立後の管財人調査の内容を予測し,事案に応じてできる限りの準備をして申立をし,最大限有利な法律上及び事実上の主張を尽くして,自己破産による免責を目指していくことになります。

 なお,免責されるかされないか微妙なケースでは,免責不許可制度のない個人再生を選択すべきケースも多く,何がベストの選択であるか,難しい判断が必要となることもあります。

 当職は自己破産と個人再生のいずれにも対応可能ですので,いずれにせよ,一度,東京池袋の弁護士にご相談下さい。

弁護士 笹浪 靖史

自己破産のページへ戻る


池袋 債務整理 無料相談

対応地域

池袋東口法律事務所

〒170-0013
東京都豊島区東池袋1丁目47番1号
庚申ビルディング601

TEL 03-5957-3650
FAX 03-5957-3653
[受付時間] 平日9:30-20:00
      土 9:30-17:00
      メール常時受付