池袋 自己破産

池袋(豊島区)で自己破産を弁護士に相談するなら池袋東口法律事務所

TEL. 03-5957-3650

〒170-0013 東京都豊島区東池袋1丁目47番1号
庚申ビルディング601

自己破産による債務整理

借金相談・債務整理トップ > 破産(自己破産) > 自己破産後はどうなりますか?

自己破産 よくある質問(弁護士によるQ&A)

東京池袋の自己破産の経験豊富な弁護士が質問にお答えします。無料相談のときにもなんでもお尋ね下さい。

Q.自己破産後はどうなりますか?

A.裁判所に自己破産を申立て,免責決定を得ると,非免責債権を除き借金の返済義務がなくなり,手続中にあった職業や資格の制限もなくなります。

 簡単にいえば,自己破産後は,借金をする前の借金のない状態に戻り,破産手続を始める前の何も制限のないごく普通の状態に戻るということです。
 新しい借金がしずらいという点を除けば,破産をした方と破産をしていない方とで違いがあることは何もないと思って概ね間違いありません。

 自分で口に出したりしなければ,破産のことを他人に知られることも通常ないでしょう。
 破産について戸籍に載ることもありませんし,選挙権がなくなることもありません(昔には一部の方にこうした誤解があったようです。)
 ということは,知らないだけで,あなたの周りにも,過去に破産手続をしたことがある方がいるかもしれませんね。
 毎年毎年非常に多くの方が自己破産手続をしていますから,過去に破産手続をしたという人は,他人にはわからないだけで,実際にはたくさんいるのです。それこそ,例えば家族であっても,破産したことを秘密にしているという方は珍しくありません。自己破産は,他人にはなかなかわからないということです。

 自己破産の後にどうなるか,いろいろなご心配がおありだろうと思います。
 しかし,手続に協力し,真摯に経済的再生を願う気持ちがあれば,あまり心配しすぎることはないだろうと思います。

 「案ずるより産むが安し」,自己破産については,東京池袋の弁護士にご相談下さい。

弁護士 笹浪 靖史

自己破産のページへ戻る


池袋 債務整理 無料相談

対応地域

池袋東口法律事務所

〒170-0013
東京都豊島区東池袋1丁目47番1号
庚申ビルディング601

TEL 03-5957-3650
FAX 03-5957-3653
[受付時間] 平日9:30-20:00
      土 9:30-17:00
      メール常時受付