池袋 過払い請求

過払い請求 池袋の弁護士 池袋東口法律事務所(豊島区)

TEL. 03-5957-3650

〒170-0013 東京都豊島区東池袋1丁目47番1号
庚申ビルディング601

過払い請求

借金相談・債務整理トップ > 過払い請求

過払い請求とは はじめに過払い請求の解説

 昭和の時代から平成20年ころにかけて,消費者金融やカード会社各社は,利息制限法違反の高利の貸し付けをしていました。
 過払い請求とは,このことで払い過ぎになった利息(過払金)を業者に対し返還するよう求めていくものです。
 利息制限法の上限金利(下記参照)より高い金利で返済をしていた方であれば借金の減額が見込めます。また,高い金利の取引期間が5年から7年以上ある方は現在まだ借金が残っていたとしても過払いになっている可能性が非常に高く,ご依頼頂けば借金がなくなり,過払金の返還請求ができます

利息制限法の上限金利

・元本の額が10万円未満のとき 年20%
・元本の額が10万円以上100万円未満のとき 年18%
・元本の額が100万円以上のとき 年15%


過払い請求のメリット・デメリット

弁護士に過払い請求を依頼するメリットとデメリットの代表的なところは以下のとおりです。

過払い請求のメリット

お金が返ってくる
 特に長期・多額の取引があった方は,過払い請求をすれば大きなお金が返ってくることがあります。やらないだけ損という話です。ほおっておくと時効で過払い請求ができなくなりますので,早めにご相談下さい。

秘密性
 過払い請求を行っていることを第三者に知られることは通常ありません

過払い請求のデメリット

その業者のクレジットカードが使えなくなる
 過払い請求にはほぼデメリットはありません。その業者のカードが使えなくなること位です。過払いの場合は信用情報機関への掲載もされないことになっています(まだ借金が残っている状態で過払い請求した場合に過払いが確定するまでの間ごく一時掲載されることはあります)。


過払い請求の流れ

受任通知の発送
 ↓(ご依頼後すぐ)
業者に弁護士が介入したことを通知します。
まだ借金がある方でも,以後,業者のご本人への請求はストップします。
業者への自身での返済は止めて頂きます。
借金の調査
 ↓(2ヶ月〜)
業者から過去の取引履歴や債権の届出を受け,利息制限法違反の金利はカットする引き直し計算をして,過払いの金額を確定します。
過払い請求
 ↓
業者に過払金の返還を請求します。 業者ごとに対応が異なってくるところです。
業者が返還に応じない場合,裁判を行います。
過払金の返還
業者から過払金の返還を受けたら,精算します。
他に債務があればそちらの返済に回したり,なければお返しをします。

過払い請求 よくある質問(弁護士によるQ&A)

池袋の過払い請求の経験豊富な弁護士が質問にお答えします。無料相談のときにもなんでもお尋ね下さい。

Q.池袋東口法律事務所の過払い請求はどのようなものですか?

A.業者によりますが,一般的には,過払金の回収は裁判をした方が回収金額が増えます。そこで,池袋東口法律事務所では過払金の回収額の増加が見込めるのであれば積極的に裁判をして過払金を回収します。この依頼者のために裁判をするという積極的姿勢が当所の特徴だと思います。
 そして,裁判をした場合も,弁護士が頂く費用はかわりません(訴訟費用の実費として定額3万円のみ。実費は回収した過払金から差し引きます。)。
 池袋東口法律事務所は,弁護士の手間をいとわず,依頼者の方に一番有利な解決を目指して過払い請求を行います

弁護士 笹浪 靖史

Q.自分が何%で借りていたか憶えていないのですが?

A.業者の名前と取引の時期からだいたいの判断ができます。
 池袋東口法律事務所にはアコム,プロミス,レイク,アイフル・・・といった大手業者であれば過去何%くらいの金利をとっていたかという目安の情報もございます
 また,ご依頼いただけば業者から一定の情報開示もありますので,憶えていなくて大丈夫です。

弁護士 笹浪 靖史

Q.何年も前に完済していますが,今から過払い請求できますか?

A.過払金が時効になっていなければ可能です。時効は,最後の取引(完済している場合は最後の返済)から10年です。完済してまだ10年たっていないのであれば,早く過払い請求しましょう。
 何年も前に完済した取引は,おそらく金利も高かったはずです。過払いがあるとわかっているのにほっておいて,それが時効になってしまったらもったいありません
 のんびりしてはいられませんので,お早めに一度池袋まで無料法律相談に来て下さい。
 完済している場合,着手金は頂きませんし,信用情報機関にも載らないので,ほとんどデメリットはありません(カードが使えなくなるだけ)
 最後の取引から10年たったかよくわからないな?というときは,ご依頼頂けば池袋東口法律事務所が無料で調査をさせて頂き,10年たっていなければ過払い請求ができます。

弁護士 笹浪 靖史

Q.過払い請求の裁判には難しい争点があると聞きました。私は大丈夫ですか?

A.池袋東口法律事務所の弁護士は過払い訴訟の経験が豊富で,ほとんどすべての争点を経験しています(悪意の受益者,取引の分断,訴外和解の無効,貸し付け停止処理,契約切替・債権譲渡ほか)。簡単な争点もあれば,状況から不利になることが予想される争点もございます(Q&A過払い訴訟の争点参照)。
 ご不安な点があれば無償法律相談の際にお聞き下さい。詳しくご事情もお伺いして,見込みをお話させて頂き,実際に裁判になれば,毎回の期日ごとにご連絡しご相談しつつ,良い結果を目指して頑張らせて頂きます。

弁護士 笹浪 靖史

Q.私には過払いも少しありそうですが,他に借金が多いため,破産がしたいのですが?

A.まずは過払いの金額と他の借金の金額の調査をすることになります。その調査が完了後,やはり自己破産がよい状況であれば,間に合うようなら過払いの回収をして自己破産の費用にあてるなどしながら,自己破産を申し立てることになるでしょう。
 いずれにせよ,一度池袋まで無料法律相談にお越し下さい。どうするのが一番良いか,経験豊富な弁護士が一緒に考えさせて頂きます

弁護士 笹浪 靖史

Q.(パソコン向けページリンク)クレジットカードでも過払いになりますか?
Q.(パソコン向けページリンク)完済した後,また同じ業者から新しく借りました。前の完済分の過払いはどうなりますか?
Q.(パソコン向けページリンク)過払い請求は裁判になるのですか?
Q.(パソコン向けページリンク)過払い請求の裁判(過払い訴訟)ではどのようなことが争われますか(過払い訴訟の争点)?

池袋 債務整理 無料相談

池袋東口法律事務所

〒170-0013
東京都豊島区東池袋1丁目47番1号
庚申ビルディング601

TEL 03-5957-3650
FAX 03-5957-3653
[受付時間] 平日9:30-20:00
      土 9:30-17:00
      メール常時受付