池袋 個人再生(個人民事再生)

池袋(豊島区)で個人再生(個人民事再生)を弁護士に相談するなら池袋東口法律事務所

TEL. 03-5957-3650

〒170-0013 東京都豊島区東池袋1丁目47番1号
庚申ビルディング601

個人再生による債務整理

借金相談・債務整理トップ > 個人再生(個人民事再生) > ギャンブルや浪費が原因の借金と個人再生

個人再生 よくある質問(東京池袋の弁護士によるQ&A)

東京池袋の個人再生の経験豊富な弁護士が質問にお答えします。無料相談のときにもなんでもお尋ね下さい。

Q.ギャンブルや浪費が借金の原因でも個人再生で借金が減るのですか?

A.結論から言って,ギャンブルや浪費は個人再生の支障にはならず,借金は減ります。

 自己破産の場合ですと,免責不許可制度があり,ギャンブルや浪費が非常に激しいと,借金がなくならない可能性があります(自己破産Q&Aの一問目参照)。

 しかし,個人再生には免責不許可という制度自体がなく,ギャンブルや浪費は問題になりません

 個人再生を申立てた後,再生委員という別の法律事務所の弁護士のところで面談をする機会があるのですが,当職の経験では,ある再生委員の先生は,「個人再生は免責不許可制度がないから借金の原因は何も聞かないというのが私の考え方です」とおっしゃる方もいる位でした。
 もっとも,多くの再生委員の先生は,今後もまた借金をつくらないか確認するために,借金の原因について質問される方が多いとは思います。ただその質問も,免責を不許可にする趣旨で聞いているのではないのです。

 そういうわけで,ギャンブルや浪費が非常に多額で自己破産では免責不許可が心配だ,というときは,個人再生をすればいいということになります。支払額は自己破産より増えてしまいますが,借金の大幅な減額は可能です

 ギャンブルや浪費が借金の原因だという方は,ご不安もおありと思います。
 それが債務整理でどういう影響があるか,適切な整理の方法は何があるか,当職がお話させて頂けますので,一度お気軽に東京池袋の弁護士にご相談下さい。

弁護士 笹浪 靖史

個人再生のページへ戻る


池袋 債務整理 無料相談

対応地域

池袋東口法律事務所

〒170-0013
東京都豊島区東池袋1丁目47番1号
庚申ビルディング601

TEL 03-5957-3650
FAX 03-5957-3653
[受付時間] 平日9:30-20:00
      土 9:30-17:00
      メール常時受付